Skip to content

Search

梨花女子大学

梨花の紹介

Ewha News

梨花にアジア・アフリカの女性活動家集結、「第11回EGEP」開かれる

アジアとアフリカ地域のNGOで働く女性人材の育成課程「第11期梨花グローバルエンパワーメントプログラム(Ewha Global Empowerment Program·EGEP)」が1月8日(日)から開かれた。

EGEPはアジアとアフリカのNGOで働く女性人材を対象に、論理的且つ実践的な力量強化をはじめ、女性教育を通じた世界の女性の人権向上と世界共同体の発展に貢献することを目標にしたプログラムである。これまで42カ国215人の修了生を輩出し、今回はアフリカ2カ国とアジア15カ国からやって来た19名が2週間にわたるプログラムに参加した。

10日(火)、公開セミナーでは「全地球的女性暴力に対抗するフェミニズムの(New Challenges of Feminisms for Anti-GBV Transnational Activism)」をテーマに、パブリックエディターのパメラ・フィリポーズ(Pamela Philipose)氏と韓国性暴力相談所のイ・ミギョン所長の講義および討論が行われた。

セミナー以外にもEGEPの参加者たちは第1266回日本軍慰安婦問題解決のための定期水曜デモに参加したほか、アクションプラン策定、ワークショップやセミナー、グループトークなどを通じて女性に対する暴力と差別に対応するための解決策を模索し、実践法について話し合った。

-

목록보기