Skip to content

Search

梨花女子大学

梨花の紹介

Ewha News

梨花奉仕団の海外教育奉仕チーム、米国とカンボジアにて活躍

梨花奉仕団の海外教育奉仕チームは2016年度夏休みを迎え、米国とカンボジアを訪れ、分かち合いと助け合いの梨花の精神に基づいて、奉仕活動を行った。

まず、引率団長であるチョ・サバン教授(作曲専攻)と在学生、引率職員の12名からなる米国教育奉仕チームは7月1日(金)から7月15日(金)までの14泊15日間、米国ミネソタ州にあるCamp lakamagaの朝鮮キャンプとセントポールのKHH(Korean Heritage House)を訪れ、米国へ養子に出された韓国人の子供を対象に、韓国語や韓国の文化と芸術を伝える教育奉仕活動を行った。

-

また、発展途上国の児童のための教育奉仕と様々な文化交流活動も行われた。シン・ナナ教授(児童学科)と在学生、引率職員の23名のカンボジア教育奉仕チームは7月11日(月)から7月23日(土)までの12泊13日にわたって、プノンペンの梨花社会福祉センターにて低所得層の児童を対象に、教育奉仕活動を行った。

2000年に初めて梨花奉仕団によって奉仕チームが派遣されて以来、毎年夏休みと冬休みに本学の在学生から奉仕団員を募り、国内外の様々な地域において奉仕活動を繰り広げている。

-

 

목록보기