Skip to content

Search

梨花女子大学

梨花の紹介

Ewha News

ニアガレ・ペノーネ駐韓フランス大使夫人が本学を訪問

今月9日(月)、ファビアン・ペノーネ(Fabien Penone)駐韓フランス大使夫人のニアガレ・ペノーネ(Niagalé Bagayoko-Penone)氏が本学を訪問した。

-

午後3時、総長室で開かれた会見にて崔京姫総長は、昨年10月のフランスの大学教育協議会と11月のオランド大統領の本学訪問における駐韓フランス大使館の協力に感謝を表し、ペノーネ夫人の訪問を歓迎した。ペノーネ夫人は「梨花女子大学は、長い歴史と伝統を持つ優れた女性の教育機関としてフランスでもよく知られている」とし、「今後、女性指導者の教育と人材育成のために梨花女子大学とフランスの大学間のより深い交流を望む」と述べた。

歓談の後、ペノーネ夫人はLGコンベンションホールで「Hybrid Security Governance in Africa」をテーマに講演を行った。国際政治学博士であるペノーネ夫人は新興開発地域であるアフリカの安全保障問題とガバナンスの現状について講演し、アフリカへの理解を深める時間となった。

本学は35のフランスの機関と交流協定を結んでおり、現在、65名の交換留学生が本学で、本学の学生38名がフランスの大学で学んでいる。

-

목록보기