Skip to content

Search

梨花女子大学

梨花の紹介

Ewha News

陳敏爾貴州省書記が本学を訪問、教育交流協約締結

陳敏爾(チェン・ミンアル)貴州省党委書記の一行が今月22日(金)、本学を訪れ、教育交流協約を締結した。

-

陳書記は習国家主席の信頼が厚い側近の一人であり、中国の次世代指導者として注目されている。韓国外交部の招きで今月19日(火)~23日(土)の4泊5日の日程で訪韓中に、陳書記の希望で本学訪問が実現した。

陳書記と王凤友貴州省教育庁長をはじめとする貴州省代表団と邱国洪駐韓中国大使は4月22日(金)午前8時30分に本学を訪れ、崔京姫総長と共にECCの見学を行った後、本学の中国人留学生会の学生たちの歓迎を受けた。陳書記は「梨花女子大は130年にわたって多くの女性人材を輩出し、世界的に名声を得ている」とし、「梨花が長い歴史の中で積み上げてきた知恵と経験を学びたい」と述べた。

陳書記は宋の詩人、呉惟信の詩にある「梨の花が舞う春を讃える」という意味を持つ「梨花清明」の字を揮毫し、本学と貴州省にある57の大学間の教育開放、交流、協力を積極的に行うことを提案した。また、今年8月初旬に貴州省で開催される第9回中国・東南アジア諸国連合(ASEAN)教育交流週間に崔京姫総長と本学の学生たちを正式に招待した。

-

本学の訪問に続き、崔京姫総長と陳書記一行は午前9時30分から「中国貴州省高等教育博覧会」の開幕式に参加した。今回の博覧会は韓国の大学と中国貴州省の高等教育機関の相互理解を深め、人材養成に向けた協力プログラムを進めるために行われた。この場で韓国の大学としては初めて本学と貴州省の教育庁間の教育交流協約が締結された。この協約によって両機関は機関長のリーダーシップ教育、教職員の教育、学生間の交流、教育機関間の交流などについて協力していくことにした。

목록보기