Skip to content

Search

梨花女子大学

梨花の紹介

Ewha News

公共外交センター、国連創設70周年記念シンポジウム開催

本学の公共外交センター(所長:チョ・ギスク)は現地時刻の4月12日(火)午前10時、米ニューヨークの国連本部ビル内カンファレンスルームにて「公共外交の観点から見た70年間の国連コミュニケーション」をテーマにシンポジウムを開催した。

今回のシンポジウムは昨年、創設70周年を迎えた国連がこれまで行ってきたコミュニケーション活動を学術的な観点から振り返る初の場となった。2010年に潘基文国連事務総長が発足させた国連広報局が担当するプログラムの国連アカデミック・インパクト(UN Academic Impact: UNAI)の協力のもと、開かれた。

オープニングセッションでは公共外交センターのチョ・ギスク所長が司会を務め、疎通し合う対象・内容・方法論の観点から目まぐるしく変わる環境に合わせて変化を遂げてきた国連のコミュニケーションの歩みを辿った。メインセッションではチョ・ギスク所長の基調演説を通じて「広報モデル(Public Information model)」からバランスの取れた「双方向モデル(two-way symmetric model)」へと進化した70年にわたる国連のコミュニケーションの歴史を振り返った。また、著名な国際コミュニケーションの専門家たちとメッセージの効果的な伝え方についてのパネルディスカッションが行われた。

シンポジウムの様子は国連ウェブキャストを通じて生放送で全世界に配信された。映像は国連ウェブキャストのホームページ(http://webtv.un.org/)で視聴可能だ。

목록보기