Skip to content

Search

梨花女子大学

梨花の紹介

Ewha News

「第2回広報アイデア公募展」授賞式開かれる

1月14日(木)午後1時半に「第2回広報アイデア公募展」の授賞式が本館小会議室にて開かれた。企画部広報チームは昨年11月16日(月)から12月23日(水)まで、本学の学部生および大学院生、教職員、卒業生を対象に、梨花の長所や品格を効果的に広めると共に梨花ファミリーとしての誇りを高めるためのアイデアの詰まった作品を募集した。

-

今回は広報アイデア企画、広告ポスター、キャッチフレーズ、UCC(ユーザー・クリエイテッド・コンテンツ)、ウェブ漫画、カリグラフィー(筆文字)など、6分野の募集が行われた。最優秀賞にはイ・スルイェリさん(大学院生/視覚デザイン/15年度入学)の企画案である「Light Up Project」が選ばれた。イさんは、ECCに、人工照明や自然光を利用して作られた影によってメッセージを表現するというアートプロジェクトを企画した。「梨花、輝く」という歌からインスピレーションを得たというイさんのアイデアは、「影」を通じてメッセージを浮かび上がらせるという逆転の発想と芸術作品で学校の品格を表せることが高く評価された。

優秀賞には「母が、娘に(A Letter from Mom)」のソン・インさん(電子工学/14年度入学)、「大韓民国女性第1号、梨花の歴史は女性の歴史」のチェ・ミンギョンさん(生命科学/12年度入学)とイ・へウォンさん(経営学/09年度入学)、「梨花を魅了する」のソン・モウンさん(コミュニケーションメディア/15年度入学)の3つのチームが選ばれた。健闘賞にはカリグラフィー部門でキム・スジさん(体育科学/10年度入学)とキム・ナヨンさん(デザイン大学院/14年度入学)、そしてキャッチフレーズ部門でユ・ウンギョンさん(史学/11年度入学)、キム・ガウンさん(数学教育/15年度入学)、ホ・ダヨンさん(看護学/15年度入学)、チャン・ウジュさん(看護学/13年度入学)の5つのチームが選ばれた。

最優秀賞に輝いたイ・スルイェリさんは「企画したメッセージは現実に合わせて減らす必要がありますが、このプロジェクトが梨花のキャンパス内で実現できたらと思う」と感想を述べた。授賞式の司会を務めたパク・ソンギ企画部長は「広報アイデア公募展を今後も持続的に開催してく予定なので、多くの関心とアイデアを寄せてほしい」と述べた。受賞作は本学のブログ、フェイスブック、インスタグラムを通じて公開される予定。

목록보기