Skip to content

Search

梨花女子大学

梨花の紹介

Ewha News

国際交流処、総長迎え外国人留学生のための食事会開く

本学の国際交流処は11月12日(木)午後、総長を迎え、ECCイ・サンボンホールにて外国人留学生のための食事会を開催した。今回のイベントは外国人留学生を励まし、梨花の一員としての一体感を高め、絆を深めるために開かれた。マレーシア、カナダ、フィリピン大使をはじめとする留学生13名の出身国の大使館関係者のほか、約30人の教職員、350人以上の学生が一堂に会した。

 

dinner1

 

パク・インフィ国際交流処長による開会の挨拶で幕を開け、8人で構成された男性教授重唱団がEXOの「ウルロン(Growl)」と「Hallelujah to the Saints」を披露し、会場から大きな拍手が送られた。続いて、崔京姫総長が祝辞を通じて「困難を克服し、一生懸命勉強した今日の経験が皆さんをさらに大きく成長させる基盤となり、将来皆さんの人生にとっての大切な資産となるでしょう」と応援のメッセージを送った。

 

dinner2

 

また、食事会に先立ち、ECC多目的ホールでは各国の外国人留学生会による文化に関する展示が行われた。台湾、マレーシア、米国、ベトナム、日本、中国、カンボジア、タイなど、計8カ国の留学生が自国の文化を紹介するブースを設け、それぞれの国の伝統衣装や小物、食べ物を紹介した。外国人留学生のサポートを行っているグループである「外国人留学生メンター」、オンラインを通じて本学の外国人選考を紹介するボランティアグループの「オンラインアンバサダー」もブース参加し、イベントの開催を祝った。

목록보기