Skip to content

Search

梨花女子大学

梨花の紹介

Ewha News

本学、米ジャクソン研究所と共同でがん免疫療法の研究センター設立

p2017年、本学は世界的な誘電体研究所のJackson Laboratoryと共同で、学内にがんの免疫療法研究センターを設立することとなった。「Ewha-JAX International Research Center for cancer immunotherapy」という名のこの研究所は、未来創造科学部と韓国研究財団の「2015年海外優秀研究機関誘致事業」の新規課題に選ばれている。

 

本学の研究陣は生命科学科のキム・ジェサン教授(総括責任者)とイ・サンヒョク教授(研究員)が、Jackson Laboratoryからは本学に碩座教授として在籍中のチャールズ・リー教授が参加する。1929年に設立されたJackson Laboratoryはがんや糖尿病、心血管疾患などの治療のための疾患モデル動物開発と治療法の分野における世界最高水準の研究所である。

 

本学に設立予定の「Ewha-JAX International Research Center for cancer immunotherapy」では、研究協力、両機関の人材交流、教育研究プログラムなどが行われる予定だ。共同研究が活性化されれば、将来的に梨花大学病院において実際に患者を対象に臨床的に適用するなど、国際的な臨床協力研究モデルを提示することによって、がん免疫療法を率いる世界的な研究センターへと成長するものと期待される。

목록보기