Skip to content

Search

梨花女子大学

梨花の紹介

Ewha News

「2015年度海外探査I(統合設計)プログラム」無事終了

本学の学生30名で構成された海外探査団が7月12日(日)、フランスとイギリスで行われた10泊12日にわたる日程を終え、帰国した。探査団はフランスとイギリスにある国際機関や名門大学、産学協力機関、放送局などを訪問し、世界を見る目を養い、理解の幅を広げた。

 

はじめに、OECD(経済協力開発機構)の本部を訪問し、OECDの役割について学んだ。また、UNESCO(国際連合教育科学文化機関)とIEA(国際エネルギー機関)では、平和的な手段を用いて国際問題の解決に取り組む国際機関の目標や役割についての講演を聴いた。そのほか、パリ第1大学(パンテオン・ソルボンヌ)をはじめ、ケンブリッジ大学やイーストロンドン大学など、フランスとイギリスの主要大学と世界的なニュースメディアであるBBCも訪問した。

 

海外探査団は国際的な視点とグローバルマインドをもった21世紀を担うリーダーの養成を目指し、2008年に始まったプログラムであり、毎年夏と冬に「海外探査Ⅰ(統合設計)」と「海外探査Ⅱ(事故設計)の2回に分けて実施している。

photo

목록보기