Skip to content

Search

梨花女子大学

梨花の紹介

総長ご挨拶




미래를 개척하는 여성 지성 TOGETHER. TOMORROW. EWHA


1886年、韓国初の近代式女性教育機関「梨花学堂」として歩みだした梨花は韓国の女性たちに新たな変化をもたらしました。かつて、差別と偏見の中、ひとりの人間としてほとんど尊重されることのなかった韓国の女性は、梨花がまいた教育の種によって、自分自身が女性であることを前向きに受け止め、社会の一員として堂々と立ち上がることができました。

韓国における女性高等教育を先導し、各界各層から女性リーダーを輩出しつつ学問と社会の発展に貢献してきた梨花は、今新たなターニングポイントを迎えています。第4次産業革命という巨大な波が押し寄せる中、社会の急激な変化とともに、複合・融合系人材の需要が一気に高まるなど、想像以上に挑戦的な環境に取り囲まれるようになりました。

半世紀を越えるこれまでの歴史と同様、梨花はこれからもまだ誰も進んでいない道を切りひらき、明るい未来を築いてまいります。そのために学問の自律権をもとに、教育や研究の力を強化し、チャレンジ精神をもって大学教育の新たなモデルを示してまいります。また、コミュニケーションと信頼をもとに共同体の倫理意識を追い求めることで、未来社会を正しい道へと導いてまいります。

たったひとりの学生からはじまり、人文、社会、自然、工学、医学、芸術など、全ての系列の専攻を備えた世界的な総合大学として成長を遂げてきた梨花。本学は「世界のどこにもない梨花」というプライドをもとに、時代をリードするチャレンジャーとして、未来を切りひらく女性の「知性共同体」を目指してまいります。

梨花女子大学 総長         
金恵淑         

이화여자대학교 총장 김혜숙