Skip to content

Search

梨花女子大学

大学∙大学院案内

社会福祉大学院

デザイン大学院

場所

梨花・POSCO館 硏究棟 103号

電話

82-2-3277-4530

メールアドレス

gssw@ewha.ac.kr

ホームページ

http://gsw.ewha.ac.kr/

紹介

梨花女子大学の社会福祉大学院は、1947年設立された「キリスト教社会事業学科」、1951年の一般大学院の修士課程、1980年の一般大学院の博士課程を母体とし、1993年韓国で初めて設立されました。2006年に社会福祉学科と一般大学院、社会福祉大学院の三つが、社会福祉専門大学院に統合されて以来、専門大学院として発展しましたが、2013年に社会福祉学科、一般大学院、社会福祉大学院に再び分かれました。これにより、社会福祉大学院はより専門的な教育課程を通じて、現場における実務者及び社会福祉分野を初めて専攻する人を対象に、社会福祉に関する専門知識とスキルを備えた専門家を養成することを目指していきます。

社会福祉大学院は、梨花女子大学のキリスト教精神に則った教育理念を実現するために、社会福祉に関する専門知識とスキルを兼備した優れた女性人材の養成を目的としています。社会福祉大学院の教育目標は、大きく二つに分けられます。社会福祉分野に従事したキャリアを持つ実務者に対する教育と、社会福祉分野を初めて学び社会福祉士を目指す人に対する教育という二つの目標です。

第一に、社会福祉分野のキャリアを持つ実務者を対象に、専門性及び能力の強化は図ると共に、理論と実務が連携した社会福祉分野の専門家を養成することに目標を置いています。また、現場で働く実務者の学問的関心と自己開発に向けたニ-ズを満たすために、分野別に掘り下げた教育を通じて、最高の専門家に成長するよう支援しています。「専門臨床社会福祉、医療精神健康、地域と組織、政策過程、国際社会福祉、実践対象」という六つの分野に細分化し、本人の必要と関心に合わせより専門的な過課程を学べるよう、カリキュラムを構成しました。

第二に、社会福祉大学院は社会福祉分野の専門職に就きたい人を対象に、社会福祉の専門知識と技術を習得し、社会福祉士としての基本的な実践能力を身につけることを目標としています。さらに、社会科学的な考え方と応用学問としての社会福祉関連知識及びスキルを活用して、心理社会的な諸問題の解決において、ミクロ的アプロ-チとマクロ的アプロ-チ法を習得することを目標としています。

社会福祉学科