Skip to content

Search

梨花女子大学

梨花の紹介

Ewha News

国際交流部 、「秋期海外学習フェア2018」を開催

国際交流部(部長:チェ・ウォンモク)はACE(Advancement of College Education)事業の支援を受け、11月8日(木)、学生文化館1階ロビーで在学生の海外学習プログラムへの関心を高めるべく、「秋期海外学習フェア2018」を開催した。


2015年に始まった同フェアは、本学の海外学習プログラムを紹介し、本学の学生と外国人交換・訪問留学生との交流を活性化させるため、毎学期開催している。今回は海外での留学経験のある学生43名と外国人留学生41名、計84名が参加し、21カ国62校の代表が相談ブースを設け、海外での学校生活や文化など、さまざまな情報を提供した。また、本学の学生を対象に交換留学生プログラムの担当者が個別相談ブースを設け、学生の相談に対応した。


 박람회


米国ブースの英文学部3年生のチョン・ジヨンさん(California State University, Fullertonに留学)は「学生の代表として、韓国人学生だけでなく、外国人留学生とも交流できるいい機会だった」と話した。日本ブースの外国人留学生であるイチムラ・サクラさん(津田女子大学出身)は「韓国に留学に来て、韓国人学生と交流したり、出身大学について紹介する機会がなかったが、今回の海外学習フェアを通じて2つのことを同時に経験できてうれしい」と話した。


本学は学生たちが国際競争力を培うことができるよう、さまざまな海外学習の機会を提供している。2018年度2学期には400人を超える留学生が交換・訪問プログラムを利用して本学で学んでいる。また、海外のさまざまなプログラムを通じて本学の学生約420人を海外の大学に送り込んでいる。


 박람회2

목록보기