Skip to content

Search

梨花女子大学

梨花の紹介

Ewha News

本学がアフリカの女子学生のため、後援金と生理用品贈呈

本学はアフリカの女子学生に生理用品を支援するため、チャペルなどで集めた献金1千万ウォンを国際協力NGOワールド・ビジョン(World Vision)を通じて贈呈した。


本学とワールドビジョンは6月19日(火)、「アフリカの女の子の基本権を保護するキャンペーン」の一環として、本館の応接室で後援金1千万ウォンと生理用品1千枚の贈呈式を行った。式には金恵淑総長とワールド・ビジョン・コリアのヤン・ホスン会長のほか、布ナプキンづくりに参加した本学の大学院生らも出席した。


今回の後援金は2018年度1学期中に教職員のイースター礼拝や大講堂のチャペル、大学教会、フレンドシップ・エヴァンジェリカル・アソシエーションなどを通じて集まった献金によるもので、在学生をはじめ、およそ250人の手作り布ナプキンも贈呈された。


金恵淑総長は「本学は韓国初の社会福祉学科(元キリスト教社会事業科)および児童学科、病院など、優れたインフラを備えた世界最高レベルの女性高等教育機関として、今後も子どもや産婦、少女の健康を守るため、社会貢献に向けた方策を模索していきたい」と述べた。


월드

목록보기