Skip to content

Search

梨花女子大学

梨花の紹介

Ewha News

EGPP奨学生のための総長招待晩餐会を開催

国際交流部(部長:チェ・ウォンモク)は11月23日(木)、EGPP(Ewha Global Partnership Program)の奨学生たちのために総長招待晩餐会を開催した。

EGPPは、本学が世界の女性人材を養成するために始めた韓国初の開発途上国の女性人材を対象とした全額支給奨学制度である。EGEP(Ewha Global Empowerment Program)、Ewha-KOICAと並んで大学の社会的責務を果たし、梨花が蓄積してきた優れた教育能力を世界中の女性に還元するために設けられた本学を代表する世界の女性人材育成プログラムである。

-

今回の晩餐会にはEGPPの奨学生のほか、総長をはじめ大学関係者合わせて80名程が出席し、奨学生たちにエールを送った。また、今回は特別コーナーとして、2006年にEGPP奨学プログラムが発足した際、第1期生として本学国際大学院韓国学科の修士課程に入学したタイ出身の卒業生シリラッ・シリナッさんを迎え、女性のリーダーシップと梨花の役割について話を聞いた。シリナッさんは本学で韓国学の修士号と博士号を取得し、現在タイの名門校シリパコーン大学の教授兼学科長を務めている。シリナッさんはEGPPの後輩たちに「ずっと望んでいた学業が梨花でできことは人生で最も大きな機会だった」と話し、「皆さんもこの機会を大切にして、梨花の中でたくさんのことを感じて夢を追い続けることを願う」と話した。

本学はこれまでの11年間、39か国から235名のEGPP奨学生を選抜し、今年の8月まで27か国135名の卒業生を輩出した。

-

목록보기