Skip to content

Search

梨花女子大学

梨花の紹介

Ewha News

新学生寮の奉献式(竣工式)と梨花・オトゥギ保育園の起工式開かれる

8月30日(水)、新学生寮の奉献式(竣工式)と梨花・オトゥギ保育園の起工式が行われた。

-

新学生寮は昨年8月に工事を終え、無事に開館した。新学生寮はE-Houseとオトゥギ国際館およびROTC館で構成されている。新学生寮が建設されたことで、E-House約2,150名とオトゥギ国際館約430名をはじめ4,300名の学生がキャンパスで生活し、学業に専念できることとなった。

新学生寮はエネルギー消費全体の15%を太陽光、地熱などの「グリーンエネルギー」から得る環境にやさしい建物であり、第35回ソウル市建築優秀賞を受賞した。寮内は韓国の大学としては珍しいユニット型の造りになっており、学生達のプライバシーを守りつつ、2~10名が共有できる空間を通じて相互協力や配慮、コミュニケーションや絆を学ぶことが可能だ。

学生寮の竣工式に続き、梨花・オトゥギ保育園の起工式がアサン工学館周辺の新たな敷地で行われた。梨花・オトゥギ保育園は2013年に株式会社オトゥギから受けた発展基金30億ウォンの援助で新設される職場保育施設であり、来年5月に完成する予定だ。

本学は今回の学生寮と保育園の新設を通じて、優れた教育環境づくりと仕事と家庭の両立を先頭に立って進めたいと考えている。

-


목록보기