Skip to content

Search

梨花女子大学

梨花の紹介

Ewha News

本学、教授評議会を設立

梨花女子大全教授の意見を代弁する代議機構が発足

2016年12月14日付けで梨花女子大学教授評議会が設立され、本学の職制に含まれた。教授評議会は本学全教授の意見を代弁する代議機構として、各大学(学部)および大学院から選出された評議員で構成される。役員は議長1名、副議長2名、監査2名、総務若干名となる。

教授評議会は大学の運営および学事に関する事項を総長と梨花学堂理事会に建議することができ、企画委員会など学校の主要委員会に参加できるほか、総長解任勧告や教務委員に対する解任案を建議することが可能だ。教授評議会が設置されたことにより、今後大学本部が大学(大学院)、学科(学部)の設置および廃止に関する事項を決定する際には評議会に意見を求める必要があり、定年保障制度および再任用制度など、教授の身分に関する重大事項を決定する際には評議会の同意を得る必要がある。

本学は現在、総長不在の状態が続いている。梨花学堂が総長候補者の選出規定に関する意見を大学に要請したことにより、本学は教授評議会に教授の意見を収集するよう依頼しており、最終的に収集された教授および学生、職員の意見を梨花学堂に伝えることで、第16代総長候補者選出規定および手順が設けられることとなる。

목록보기