Skip to content

Search

梨花女子大学

梨花の紹介

Ewha News

梨花で第5回目となる「キムジャン」チャリティーイベント開催

学生部社会奉仕チームは11月25日(木)午前、生活環境館の地下2階にある学生食堂で 「キムジャン(キムチ漬け)」を行った。

今年で5回目を迎えたこのイベントは本学が2001年から16年間続けてきたプログラムである「梨花がつくる美しい世界」の一貫として隣人愛を実践し、地域社会に貢献したいという思いから始まった。

本学の学生約100人と教職員50人のほか、本学の所在地である西大門区のボランティア10人が集まり、3,500㎏のキムチ漬けが行われた。出来上がったキムチは西大門区のひとり親世帯、祖父母と孫の障害者世帯 、生活保護受給者、難病患者、ひとり暮らし高齢者など、支援を必要とする350世帯に10キロずつ配られた。

イベント終了後には出来上がったキムチを試食したほか、キムチとスユッ(ゆで豚)の昼食がふるまわれ、韓国一般家庭のキムジャン文化が体験できる貴重な機会となった。

学生部社会奉仕チームは今回のイベント以外にも「梨花がつくる美しい世界」の一環として様々なプログラムを行っている。11月22日(火)から12月2日(金)までキャンパスでの募金活動を実施し、集まった募金を西大門区の支援が必要な青少年に奨学金という形で渡す予定だ。また、11月22月(火)から2017年1月30日(月)までセーブ・ザ・チルドレンとともに「赤ちゃんの帽子編み」イベントを行っている。

-

목록보기