Skip to content

Search

梨花女子大学

梨花の紹介

Ewha News

国際交流部、交換留学を考える在学生のために「Study Abroad Fair」を開催

国際交流部(部長:パク・インフィ)は11月4日(金)、海外での学習機会に対する学生たちの関心を高め情報提供を行うため、海外交換留学経験者間との交流の場となる「2016Fall Study Abroad Fair」を開催した。

セッション別説明会は第2回国際交流プログラム説明会のほか、オランダ教育振興院やテンプル大学韓国事務所、駐韓ドイツ高等教育振興院(DAAD)、ユニサポート(交換留学生の出国準備説明会)など、外部の機関による説明会の形式で行われた。

また、この日、多目的ホールではドイツ、アメリカ、スイスなど、合わせて19か国91の大学から派遣された95人の外国人交換留学生と交換留学経験者38人の学生からなる「Student Representative(学生代表)」が国別テーブルの運営を行った。国別テーブルはそれぞれの国の文化、学校生活などについて外国人留学生からの情報提供の場として活用されたほか、国際交流部による相談テーブルが設けられ、留学を希望する学生たちの個別相談が行われた。

本学は多様な交換プログラムを通じて学生たちが世界を舞台に活躍できる機会を提供している。1971年に初めて国際夏季学校を開催して以来、毎年3,700人以上の外国人が梨花の長期・短期教育プログラムに参加するために梨花を訪れており、1,600人以上の学生がより大きな夢を実現するために世界に羽ばたいている。

-

목록보기