Skip to content

Search

梨花女子大学

梨花の紹介

Ewha News

本学、10年連続ハーバード大との交流プログラム(Ewha-HCAP)パートナー校に選ばれる

米ハーバード大学との学術・文化交流プログラム「HCAP(Harvard College in Asia Program)」に、本学が10年連続パートナー校に選ばれるという栄誉に輝いた。

HCAPは、ハーバード大学が米国とアジアとの間で相互理解を深めたリーダーを育成するために、2003年10月にスタートしたアジア最大の学術・文化交流プログラムである。毎年アジア主要国の7~8校の名門大が選ばれ、ハーバード大とアジアを行き来する形でカンファレンスを行っている。本学は2007年から韓国で唯一HCAPに参加しており、東京大学や香港科技大などと並んでアジアのパートナー校としては、最も長く参加している。体系的な企画力、プログラムの多様性においてハーバード大の学生たちの満足度が高い。梨花HCAPはこの10年間、在学生の参加者数累計がおよそ189人に至り、学生たちに人気のグローバルプログラムである。

2016年-2017年度の梨花HCAPには本学の学生16名を選抜し、1月15日~1月22日の7泊8日の日程でハーバード大主催のボストンカンファレンスに参加している。また、2017年3月11日~3月19日8泊9日間の日程で「Mind, Body, and Society: Global Health Challenges of the 21st Century」をテーマに本学主催のソウルカンファレンスが開かれる予定だ。

-

목록보기