Skip to content

Search

梨花女子大学

梨花の紹介

Ewha News

ハンス・モドロウ旧東独首相、梨花で統一を語る

-

ハンス・モドロウ(Hans Modrow, 88)旧東ドイツ首相が9月21日(水)に本学を訪れ、「ドイツの統一当時の状況およびその後の情勢」をテーマに特別講演を行った。

 

ハンス・モドロウ元首相は旧東ドイツ共産党(社会主義統一党)から東ドイツ最後の首相を務め、統一後にはドイツ連邦議会議員、欧州議会議員を務めた。現在も左翼党の名誉議員を務めるドイツ政治界の大物である。

 

モドロウ元首相は9月21日(水)午後2時30分に本学を訪れ、キャンパスを見学した後、統一学研究院のキム・ソクヒャン院長(北韓学科教授)に会った。

 

その後、午後3時30分から梨花POSCO館152号室で「ドイツの統一当時の状況およびその後の情勢」をテーマに、学生たちにドイツ統一の経験について語り、韓半島統一について議論した。モドロウ元首相はめまぐるしく変化した東西ドイツ統一前後の国内外の状況や統一の過程について詳しく説明したほか、南北韓の平和統一に向けアドバイスを行った。モドロウ元首相は韓半島の平和統一を実現するには南北がイデオロギー的対立構造から脱却し、相互和解に向けて段階的に準備をする必要があり、南北韓だけでなく周辺国との相互協力が必要だと語った。

 

목록보기