Skip to content

Search

梨花女子大学

梨花の紹介

Ewha News

2016年国際夏季学校の入学式挙行

本学は2016年国際夏季学校プログラムの幕開けとなる「セッションI」の入学式を6月21日(火)に挙行した。

-

本学の国際夏季学校は1971年、韓国の大学としては初めて、海外の若者に韓国の歴史と文化を研究する機会を提供するために開設された。1977年にはアメリカのカンザス大学と「Kansas at Ewha Program」を共同運営し、本学で修得した単位が海外の大学で認定される「海外の大学との単位互換交流」に向け、モデルケースをつくった。

本学の国際夏季学校は過去46年間の運営経験をもとに、6月末から4週間にわたって開催する「セッションI」と8月中に2週間にわたって開催する「セッションII」より構成された独自のプログラムを提供することで、海外からやって来る学生の満足度を高めている。また、夏季学校の教科は韓国学、アジア学、女性学、音楽、芸術に特化しており、韓国の伝統音楽と美術を学べる実技の授業は学生たちに非常に人気がある。他にも、2011年から北韓学の授業を開設し、英語で行っている。

毎年、海外からおよそ480人あまりの学生が参加している本学の国際夏季学校は、2000人以上の大規模で運営されている他校の夏季学校に比べ、きめ細かいサポート、小規模の授業、多様な文化体験プログラムを中心に質的に充実しているため、参加した学生だけではなく、海外の教授たちからも高い評価を得ている。

목록보기