Skip to content

Search

梨花女子大学

梨花の紹介

Ewha News

梨花・ハーバードのアジア国際交流プログラム(EWHA-HCAP)ソウルコンファレンス開催

本学はハーバード大の学生12名を招き、本学の学生とともに3月12日(土)から20日(日)までの8泊9日間、「梨花・ハーバードアジア国際交流プログラム(Ewha-HCAP· Ewha-Harvard College in Asia Program)」を開催した。

-

HCAPはハーバード大がアメリカとアジアに対する深い理解を持ったリーダーを育成するため、2003年10月から始めた学術・文化交流プログラムであり、ハーバード大のアジア交流プログラムの中で最大規模を誇る。本学は2007年から9年連続で韓国の大学としては唯一、ハーバードアジア国際交流プログラムに参加している。毎年アジアのトップレベルの大学だけがパートナーとして選ばれており、各大学から選ばれた学生たちがハーバードに招待され行われる1次コンファレンスとハーバード大の選ばれた学生たちがアジア各国を訪問する2次コンファレンスで構成されている。現在、本学を含むアジアの名門大学8校で行われており、学生たちが主体となって各種学術講義、文化体験など、全てのプログラムを企画・運営している。

梨花・HCAPは1月16日(土)から1月24日(日)まで8泊9日で本学の学生8名が参加したボストンでのハーバード主催1次コンファレンスに続き、本学主催の2次コンファレンスが今回ソウルで開かれた。

梨花・HCAPソウルコンファレンスでは「平等、寛容、自由(Equality, Tolerance and Freedom)」をテーマに、北朝鮮問題と統一問題に関する活発な議論が行われた。また、統一教育院と共同警備区域(JSA)訪問のほか、韓国文化体験および現場学習などが実施され、参加した学生はもちろん本学の全学生を対象とした公開講演も開かれた。

-

목록보기