Skip to content

Search

梨花女子大学

梨花の紹介

Ewha News

「2015年梨花クリスマス礼拝」開催

朝から降った雪により幻想的な雰囲気に包まれた12月3日(木)午後、大講堂で「2015年梨花クリスマス礼拝が行われた。在学生、現職員・元職員、同窓生が参加した中、崔京姫総長、キム・ヨンジュ総同窓会長も参加し、会場を盛り上げた。

 

X-mas01

 

礼拝はヤン・ミョンス校牧室長が取り仕切った中、参加者全員が「梨花が捧げる祈り」を捧げた後、キム・ヨンジュ総同窓会長がフィリピの信徒への手紙2章5~11節を読んだ。続いて、音大合唱団とキム・ウンヒ教授(声楽専攻)が「O holy night」を歌った。

 

X-mas02

 

徳寿教会のソン・インウン元老牧師が「何も持たぬ主」をテーマに、イエス様が全てを捨て、人類を救済するために何も持たずに天からやってきた、私たちも自らを顧みて貧しい人々のために生きるべきだと話した。説教の後には、総同窓会の宣教部が「King of love」を歌い、南米・中央アジア・アフリカなど、世界各地で活動している梨花出身の宣教師たちのために献金を集めた。

 

X-mas03

 

パク・シンファ教授(声楽専攻)の指揮のもと、音大合唱団が「Let it snow」「Jingle Bells」を振り付けつきで歌い、場を盛り上げたほか、ウォン・ヨンソク教授(韓国音楽専攻)が指揮する梨花国楽弦楽団が「クリスマスメドレー」と「フェスティバル」を伝統楽器を用い東洋風にアレンジし、盛大でメロディーに会場から熱い拍手が送られた。、最後に全員で「Joy to the world」を歌い、ともにクリスマスを祝った。

목록보기